/

この記事は会員限定です

容体急変の感染者、療養施設に緊急搬送も

病床逼迫で受け入れ増 高齢者増加も不安材料

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者のうち無症状や軽症の人らを主な対象とする宿泊療養施設で、重症化リスクが高いとされる高齢者らが運び込まれるケースが増えてきた。感染急拡大で病床が逼迫し、受け入れ能力が乏しいことなどが背景にある。容体が急変し緊急搬送される例も相次いでおり、関係者らは「搬送が遅れれば命に関わる」と危機感を強める。

「血中酸素濃度が下がっていて不安です」。1月中旬、大阪市内のホテルで指先に付ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン