/

この記事は会員限定です

アップルウオッチで心電図 日本でも提供へ

不整脈の兆候検出、医療との連携焦点

[有料会員限定]

米アップルは日本で医療分野に本格参入する。腕時計型端末「アップルウオッチ」を使った心電図の計測サービスを近く始める。不整脈の兆候を捉え、脳卒中などの予防に役立てる。機器の精度がさらに高まれば医師が診療の一環として遠隔から患者の健康状態を手軽に確認できる可能性が出てくる。医療の効率化にもつながるため世界で開発競争が始まっている。

22日、アップルウオッチの心電図の計測機能について日本でも近く提供を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン