/

この記事は会員限定です

(社説)入院拒否への刑事罰は厳しすぎないか

[有料会員限定]

政府は22日、新型コロナウイルス感染症に対応する特別措置法や感染症法などの改正案を閣議決定した。今国会で2月上旬の可決、成立をめざす。入院拒否に懲役刑を科せるなど厳しい罰則がある。人権上の懸念も出ており、修正を求める声に耳を傾けるべきだ。

特措法改正案は緊急事態宣言の前に首相が都道府県単位で発令できる「まん延防止等重点措置」の新設を明記した。対象地域の知事は時短営業の命令を出せる。

従わない飲食店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン