/

この記事は会員限定です

米、核軍縮「現状維持」探る 新START5年延長方針

中国取り込み課題に、ロシアは歓迎姿勢

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、モスクワ=小川知世】バイデン米政権は新戦略兵器削減条約(新START)の5年間延長に向けてロシアと協議を急ぐ。期限切れが2週間後に迫るなかで延長を望むロシアに歩み寄り、約50年間続く米ロ核軍縮の枠組みの存続を優先する。中国をくわえた軍縮の枠組みの構築は課題として残る。

サキ米大統領報道官は21日の記者会見で、新STARTについて「戦略的安定に向けた頼みの綱だ」と指摘し、5年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン