/

この記事は会員限定です

消費「持ち直し足踏み」

1月月例報告 全体判断は維持

[有料会員限定]

政府は22日にまとめた1月の月例経済報告で、個人消費の基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に引き下げた。新型コロナウイルスの感染拡大で外食や旅行などサービス消費が低迷している。全体の総括判断は、輸出や生産の底堅さや設備投資が下げ止まりつつあることを踏まえ、7カ月連続で「持ち直しの動きがみられる」とした。

国内景気は感染再拡大や緊急事態宣言の再発令で下振れリスクが一段と高まる。個人消費の判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン