/

この記事は会員限定です

東証REIT指数、高値

10カ月ぶり水準、高利回りに着目

[有料会員限定]

東京証券取引所に上場する不動産投資信託(REIT)約60銘柄の値動きを示す東証REIT指数が22日、約10カ月ぶりに終値で1800台を回復した。同指数はコロナ禍をうけて昨春に急落した後、緩やかに上昇してきた。急落前の水準と比べるとなお2割安く、平均約4%という分配金利回りに着目した資金流入が続いている。

22日の東京市場では日経平均株価が反落するなかで東証REIT指数は5日続伸。終値は前日比14ポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン