/

この記事は会員限定です

「複合現実」で業務改革

小柳建設、デジタルデータ積極活用 今春から本格外販も

[有料会員限定]

総合建設業の小柳建設(新潟県三条市)は、装着すると複合現実(MR)が見えるゴーグル型端末で建設業の働き方改革に取り組んでいる。空間上に立体的な建築物のホログラムを出現させ、相手がその場にいなくても現場感覚で打ち合わせできる。新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークの重要性が高まる中、対応端末を増やし普及拡大を目指す。

建築物の3次元モデルを確認するシステム「ホロストラクション」は日本マイクロソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン