/

この記事は会員限定です

南関東のガス田、古細菌がメタン

[有料会員限定]

海洋研究開発機構 古細菌(アーキア)が関東南部の地下に広がる「南関東ガス田」で、現在もメタンを生成していることを発見した。メタンをつくるアーキア特有の補酵素を調べた。地下深くの微生物の生態系解明などに役立つ可能性がある。信州大学と東京大学、関東天然瓦斯開発との共同研究の成果。

南関東ガス田は、日本最大の水溶性天然ガスやヨウ素の産出地。地下深部で微生物が有機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン