/

この記事は会員限定です

50年「排出ゼロ」新材料カギ

電池開発にAI活用 実験データ、世界で争奪

[有料会員限定]

2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標は材料の開発競争に火をつけた。再生可能エネルギーの普及を促す安価な太陽電池や蓄電池の実現は、これまでにない材料が必要となる。軽くて丈夫な構造材は、車体や機体を軽くして移動を助ける。研究者がもくろむのが人工知能(AI)の活用だ。わずかな期間での革新をめざし、一斉に走り出した。

大阪大学の佐伯昭紀教授は安価な高分子でできた次世代太陽電池をAIで開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1760文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン