/

この記事は会員限定です

(ボランティア)オンラインで仲間と勉強会

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックに向け、共通研修を終えた約8万人の大会ボランティアはオンラインで独自に勉強会を開くなどして準備に励む。活動を通じて新型コロナウイルスを広げることがないよう、大会組織委員会や東京都は今後、対応マニュアルなどを策定。感染防止と「おもてなし」の両立を図る。

「トイレはどこですか」「私のことは○○と呼んでください」。大会ボランティアで会社員の久保田雅恵さんは週1回、1時間程度かけて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン