/

この記事は会員限定です

野の古典 安田登著

幅広い時代と作品に目配り

[有料会員限定]

高校で国語を教えた経験のある能楽師で、多様な古典の普及活動をしている著者が古典の味わい方、楽しみ方を解説する。古代の神話から「伊勢物語」のような平安期の歌物語、「南総里見八犬伝」のような江戸期の読み物、さらに明治期の「武士道」まで幅広く目配りする。さらに中国の作品にも触れており、古典の世界を広く見渡せる。

タイトルは、学校では教えにくい、毒がいっぱいの、野生の姿の古典というような意味だ。実際「古事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン