/

この記事は会員限定です

面白い街、郊外に増える期待

消費社会研究家 三浦展

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は、ライフスタイルや考え方にも大きな変化をもたらした。バブル後にモノ消費からサービス消費へ変化が進んだが、コロナ禍では対人サービス業がやりにくくなった。特に個人の飲食店が打撃を受け、家賃の高い都心では有名な老舗も次々と閉店した。都心の店は今後も、閉店や移転が増えるだろう。こうした変化に対応するには、都心から郊外へ、集中から分散へという発想の転換が必要だ。

コロナ禍では都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン