/

この記事は会員限定です

「不適切治療」に注意

[有料会員限定]

下肢静脈瘤では、軽症で治療の必要がないのに手術をする「不適切治療」が一部の病院で問題になっている。2020年11月には、日本静脈学会などが不適切治療について声明を発表し、注意喚起する事態となった。患者に向けて、手術の必要性について改めて考えるよう訴えている。

不適切治療が増えたのは、現在の主流である血管内焼灼術が11年に保険適用になってからだ。一部の病院で、短時間の検査しかしないにもかかわらず、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません