/

この記事は会員限定です

暦年贈与で節税効果

富裕層は課税強化の公算

[有料会員限定]

「今年から息子に年100万円ずつ贈与をしようと思う」。千葉県在住の元会社員Aさん(73)はこう話す。保有資産は自宅のほか預貯金が2500万円ほどで、老後の生活は2000万円あれば賄える見通し。残りの500万円は、孫2人が中学生で何かと物入りな息子(43)の家計を少しでも楽にしてやろうと贈与を始めることにしたという。

高齢者を中心に子や孫に自分の財産を生前に贈る人は多く、毎年贈与することを暦年贈与と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン