/

この記事は会員限定です

不二製油グループ本社CEO補佐 河口真理子さん

ESG投資、研究から実践へ(5)

[有料会員限定]
商船三井の依頼を受け、モーリシャス沖での重油流出事故への対応を助言した。企業はステークホルダーの幸せにどこまで責任を持つのか。最適解を探っている。

2020年7月下旬にインド洋の島国モーリシャス沖で大型貨物船が座礁し重油が流出する事故が起きました。観光業や漁業が打撃を受け沿岸の生態系回復に時間がかかる見通しです。法的責任は貨物船を保有し船員を手配した長鋪汽船(岡山県笠岡市)が負うとみられます。

貨物船をチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン