/

この記事は会員限定です

コロナ禍は副業定着につながるか

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行が所得格差を広げている。慶応義塾大学の大久保敏弘教授とNIRA総合研究開発機構の調査によると、コロナ禍で所得が減った人は低所得者層に集中する傾向がある。

ただ生活保護の申請件数は2020年4月に大きく増えたが、4~10月の累計では前年を下回る。第3波の影響を注視すべきだが、政府の対策もあって人々の生活が破壊されるまでには至っていない。

所得が急減した国民を政策で支える必要は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン