/

この記事は会員限定です

独米関係 改善に意欲

メルケル氏「合意余地広く」

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相は21日に記者会見し、就任したばかりのバイデン米大統領と「かなり広い合意の余地がある」と語った。トランプ前大統領との間でこじれた米独関係の改善に意欲を示したが、どこまで歩み寄れるかは、米国が反対する独ロのガスパイプライン計画(ノルドストリーム2)が試金石となる。

「署名された大統領令をみれば分かる」。メルケル氏はバイデン氏が温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン