/

この記事は会員限定です

IHI、移転価格で係争 国税当局「100億円申告漏れ」指摘

[有料会員限定]

IHIがタイの連結子会社との取引を巡る税務処理で国税当局から約100億円の申告漏れを指摘され係争となっている。特許使用料などを安く設定して日本で計上すべき利益を海外のグループ会社に移しているというのが国税当局の主張だ。近年はこうしたグループ会社間の無形資産の取引価格に焦点が当たることが多くなっており、企業には慎重な対応が求められる。

今回争点となったのは「移転価格税制」と呼ばれる制度の適用だ。海外展開す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン