/

この記事は会員限定です

中国、罰金・賠償引き上げ 独禁法や特許法相次ぎ改正

届け出対象幅広く 進出企業にリスク

[有料会員限定]

中国が企業向けに相次ぎ法規制を強化している。米中摩擦を受けて米国を想定した内容が目立つが、日本企業にとっても無関係ではない。独占禁止法や特許法が相次ぎ改正され、罰金や賠償額が大幅に増額される。通商関連の規制にも注意が必要だ。

中国の全国人民代表大会は2021年にも独占禁止法を改正する方針だ。08年の施行後、初となる改正案が20年1月に公表された。最も関心を集めているのが企業結合審査違反の罰金額の上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン