/

この記事は会員限定です

死者は減少、継続握る「思い」

[有料会員限定]

厚生労働省の人口動態統計(速報)によると、2020年1~10月の日本の死亡数は前年同期より1万4千人減った。コロナ対策で他の感染症が激減した影響とみられる。死者が減る中で死への思いが深まっている。

寺離れが進み、ネットによる葬儀事業を手掛ける企業が台頭している。全日本仏教会の戸松義晴さんは「我々はこれまで檀家でない人たちに何もしてこなかった。死者を思う弔いの仕事に意味があるとみなさんに思ってもらえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン