/

この記事は会員限定です

ウインマリリン、得意の中山で本領

アメリカジョッキークラブカップ

[有料会員限定]

アメリカジョッキークラブカップは伝統のG2。牝馬の優勝は1991年のメジロモントレーしかない。前週に牝馬限定G3の愛知杯があるために牝馬の出走自体が少ないが、今年は4歳牝馬ウインマリリンが参戦。昨年は牡牝混合の古馬の芝G1で牝馬が10戦9勝。アーモンドアイが天皇賞・秋とジャパンカップを連勝し、クロノジェネシスが宝塚記念、有馬記念を制するなど、勢いが目立つ。

ウインマリリンも昨春、フローラステークス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン