/

この記事は会員限定です

軽井沢バス事故 運行会社の社長ら在宅起訴

地検「予見できた」

[有料会員限定]

2016年1月、長野県軽井沢町でスキーツアーの大型バスが道路脇に転落し大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負った事故で長野地検は21日、業務上過失致死傷の罪で、バスを運行していた「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作社長(59)と当時の運行管理者だった荒井強元社員(52)を在宅起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

起訴状などによると、高橋被告と荒井被告はそれぞれ、運転技量が不十分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン