/

この記事は会員限定です

(混沌のアメリカ 試練の新大統領・上)民主主義はよみがえるか

消えぬ「トランプの残像」

[有料会員限定]

ジョー・バイデン氏が20日、第46代の米大統領に就いた。トランプ政権の負の遺産である深い分断を乗り越え、混沌の超大国と世界秩序を再建できるのか。

皮肉な晴れ舞台

「民主主義の大義が勝利した」「国民と米国の結束に全霊をささげる」。バイデン大統領は約20分の就任演説で「民主主義」に11回、「結束」に8回も言及した。2週間前の暴徒侵入で厳戒が敷かれた会場は幾重ものフェンスで囲まれた。

国民と隔絶した晴れ舞台で国の連帯を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン