/

この記事は会員限定です

「世界のリーダー」復活難路 バイデン氏、協調路線

欧州歓迎も蜜月遠く

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】バイデン米大統領は国際協調路線に回帰し、国際社会での指導力の回復に意欲をみせる。トランプ前政権の4年で米国の威信は傷つき、新冷戦とも呼ばれるほど対立を深める中国は影響力を高めた。脱炭素でも遅れが目立ち、バイデン氏がめざす「世界のリーダー」の復活は難路だ。

「米国を再び世界のリーダーにできる」。バイデン氏は20日の就任演説でこう力を込めた。「同盟関係を修復し、もう一度世界に関わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン