/

この記事は会員限定です

(プロ野球)キャンプ目前、助っ人入国制限に不公平感

来日済みの選手と調整に差

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で政府が外国人の新規入国を一時停止し、プロ野球は2月1日のキャンプインを前に外国人選手の調整に大きな影響が出ている。既に入国した選手と足止めを食らう選手で差が生じることは避けられず、公平性を懸念する声も上がる。

スポーツ選手への特例も停止され、阪神のロハス、楽天のディクソンら多くの新加入選手はビザを取得できていない状況だ。新戦力エチェバリアの合流を待つロッテの井口監督は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン