/

この記事は会員限定です

(小選挙区制の功罪 誤算の四半世紀)改革に終わりなし

元東大学長・佐々木毅氏

[有料会員限定]

一連の政治改革のきっかけはリクルート事件だった。「政治とカネ」の問題を解決するため、政治資金と選挙という2つの制度改革とセットで仕上げた。実現できたのは世論の後押しがあったからにほかならない。

大きくいえば候補者個人と派閥を中心とした権力構造を政党主体に置き換えるという試みだった。政権を選ぶ選挙に有権者の意識を変える狙いもあった。

小選挙区制の導入で政治とカネの問題には一定の効果があった。透明性を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン