/

この記事は会員限定です

残高、負債の17%で最高

[有料会員限定]

企業が資金調達を借り入れから社債にシフトする動きが鮮明になっている。社債の発行残高が負債に占める比率は、直近データの2020年7~9月に上昇に弾みが付き過去最高の17%台となった。その後も高水準にあるとみられる。新型コロナウイルス下の強力な金融緩和のもと償還期間が長めの社債で資金調達の多様化を進め、長期の財務安定を図っている。

財務省が20年12月に公表した同年7~9月の法人企業統計をもとに算出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン