/

この記事は会員限定です

インドネシア高速鉄道 着工5年、遠い開業

中国主導、計画甘く

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアで中国が建設を主導する高速鉄道の起工式から21日で5年を迎えた。中国の広域経済圏構想「一帯一路」の目玉事業として2019年の開業をめざしたものの、工事の進捗は20年12月時点で依然65%弱と大幅に遅れている。原因を探ると、両国にとって3つの誤算が浮かんだ。

1つは計画自体の甘さだ。高速鉄道は首都ジャカルタと西ジャワ州の主要都市バンドン間の140キロメートルを約4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン