/

この記事は会員限定です

電通、事業構造転換の象徴 本社ビル売却検討

ネット広告台頭、厳しい経営環境も背景に

[有料会員限定]

電通グループが東京都港区の本社ビル売却を検討していることが明らかになった。深夜残業者が多い「モーレツ職場」で有名だった同社は2016年に社員が過労自殺した問題が発覚。それを受けて進めてきた働き方改革の一環とみられる。新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークの普及と、厳しさを増す経営環境が大胆な見直しにつながっているようだ。

「以前も資産整理の一環で本社ビルの売却を検討したことがあったが結論が出なかった。今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン