/

この記事は会員限定です

ダイハツ、HV再参入

まず小型車 排出削減、軽にも拡大

[有料会員限定]

ダイハツ工業はハイブリッド車(HV)に再参入する。2021年中に小型の多目的スポーツ車(SUV)に親会社のトヨタ自動車と開発した新システムを搭載し国内で販売する。政府は35年に新車販売を全てHVなど電動車にする方針を示している。ダイハツは今後軽自動車でもHV仕様を出す計画。電動化対応で出遅れていた軽自動車メーカーにも脱炭素の動きが広がり始めた。

ダイハツは現在、国内の自動車大手のなかで唯一ガソリン車のみを販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン