/

この記事は会員限定です

米のESG投資加速期待

大手銀幹部「気候変動対策が前進」

[有料会員限定]

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」1月20日号では、米銀大手バンク・オブ・アメリカ幹部がバイデン政権誕生によりESG(環境・社会・企業統治)投資が加速するとの見方を示した。主な内容は以下の通り。

バンク・オブ・アメリカのアン・フィヌケーン副会長は、米民主党のジョー・バイデン氏が大統領に就任したことを受けて、米国の気候変動対策が大きく前進し、ESG投資の流れも加速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン