/

この記事は会員限定です

能登ヒバの注文住宅

加賀木材 虫食いやカビを防ぐ、まず金沢市内に建設

[有料会員限定]

木材加工の加賀木材(金沢市)は2月、石川県の能登半島に分布する「能登ヒバ」を使用した注文住宅の新ブランドを展開する。虫食いやカビに強いヒバの特徴を生かして独自に開発した合板や断熱材を壁や屋根などに使う。木造住宅の弱点を克服した住宅としてPRして2022年までに石川県内で10棟程度を販売し、計3億円の売り上げを目指す。

グループ会社のウッドスタイルクオリティー(同)を通じて能登ヒバを使用した注文住宅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン