/

この記事は会員限定です

古材日和グループ、国産古材の調達・販売拡大

コロナで輸入停滞 空き家資材を再利用

[有料会員限定]

古材の仕入れ・販売を手掛ける塚田木材(香川県坂出市)を中心に5社で構成する古材日和グループは、新型コロナウイルスを契機に国産古材の販売を強化する。海外古材の輸入が感染症の影響で滞ったことから、国内の空き家などを解体する際に出る古材の仕入れ先や販路を開拓する。全国で増える空き家資材の再利用を進め、サイズをそろえた角材に加工して利便性を高める。

古材とは古民家や体育館、船などに使われていた数十年を経過...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン