/

この記事は会員限定です

日本海側の大雪 昨夏の猛暑が遠因

海水温高く雪雲を生む

[有料会員限定]

昨年12月中旬から1月上旬にかけて日本海側を中心に大雪が降った。大陸からの強い寒波の訪れと、日本海の海面水温が平年よりも高かったことが重なったのが原因だ。このダブルパンチが、雪雲が帯のように連なる気象現象を起こし、日本海側に大雪をもたらした。専門家は「昨夏の猛暑が遠因だ」と話す。

関越自動車道や北陸自動車道で1000台を超える車が立ち往生するなど、この冬の大雪は様々な被害をもたらしている。気象庁に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン