/

この記事は会員限定です

健康によい培養肉を開発

順天堂大教授 赤沢智宏氏

[有料会員限定]

国連の持続可能な開発目標(SDGs)で、生態系への負荷の少ない安定した食料生産や健康な生活は重要な柱だ。順天堂大学医学研究科の赤沢智宏教授は幹細胞技術を応用して付加価値の高い培養肉を作り、目標の達成に生かそうとしている。

さまざまな細胞のもとになるiPS細胞などの幹細胞技術は、日本では再生医療への応用が注目されている。だが、世界的にみると食料生産に使う動きも活発だ。なかでも肉の生産は、将来への期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

安藤 淳

カバージャンル

  • 先端医療・生命科学
  • 地球環境・気候変動
  • 廃炉技術など

経歴

科学技術や企業報道部門、海外支局を経て現在、生命科学や先端医療、環境、気象・防災などを取材。思い出に残るのは昭和天皇のご病状担当として侍医を取材した日々、ワシントンにいた頃のスペースシャトル打ち上げや米同時テロ、パリ時代のゴーンCEO率いるルノーの取材やワイナリー巡りなど。気象予報士の資格をもち、日経電子版に「天気のなぞ」のコラムを執筆。豪雨などの際は紙面にも解説記事を載せている。上智大学非常勤講師(2020年9月~21年3月)

活動実績

2021年1月28日 日経読者向けセミナー「新型コロナワクチンはどこまで期待できるか?」講師
2021年1月7日 BSテレ東「NIKKEIプラス10」出演。緊急事態宣言を受け、新型コロナの感染動向などを解説
2020年11月18日 在日フランス商工会議所など主催「日仏ビジネスサミット」のイノベーション/SDGsセッションでモデレーター
2020年10月21日 日経主催シンポジウム「AI/SUM & TRAN/SUM」でセッション「災害レジリエンスとAIの活用」モデレーター
2020年10月21日 上智大学と日経の連携科目「グローバル・リスク論」で「複雑さを増す地球環境リスク 気候変動問題を例に」講義
2020年7月13日 BSテレ東京「日経プラス10」出演。豪雨のメカニズムを解説
2020年7月7日 BSテレ東京「日経プラス10」出演。新型コロナ感染拡大を解説
2020年6月24日 TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」で夏の新型コロナ対策を説明
2020年6月4日 立教大学と日経のコラボ科目「現代社会の課題とその関わり方入門」で「SDGsと日本・世界の環境・エネルギー戦略」をテーマに講義
2020年4月15日 日経CNBC「朝エクスプレス」出演。新型コロナ感染のデータ分析についてコメント
2019年12月17日 内閣府など主催の「ムーンショット国際シンポジウム」パネリスト
2019年12月11日 在日フランス商工会議所など主催の「日仏ビジネスサミット」モデレーター
2019年2月18日 BSテレ東京「日経プラス10」に出演しiPS細胞を使う再生医療について解説
2019年2月13日 日本記者クラブにおけるフィゲレス前UNFCCC事務局長会見のモデレーター
2018年10月23日 文部科学省など主催の「第9回温暖化リスクメディアフォーラム」で講演

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン