/

この記事は会員限定です

ベロ細胞の誕生(1962年)

感染症研究を支える

[有料会員限定]

日本生まれの細胞が、感染症を研究する世界の研究機関で活躍している。実験室でウイルスを増殖させる「ベロ細胞」だ。

千葉大学(当時)の安村美博氏が、1962年にアフリカミドリザルの腎臓から無限に増殖する特殊な細胞を得ることに成功した。この細胞は様々なウイルスに感染しやすく、効率よくウイルスを増やせる。そのため、感染症研究の道具として世界中で重宝されるようになった。

2020年1月に新型コロナウイルスの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン