/

この記事は会員限定です

(米大統領就任式)各州の混乱は回避 抗議活動の火種なお

[有料会員限定]

【ニューヨーク=後藤達也】バイデン米大統領の就任式が開かれた20日、全米では州兵が派遣されるなど厳重な警備態勢が敷かれた。首都ワシントンを含め、米東部時間20日夕(日本時間21日朝)時点ではトランプ前大統領支持者による暴動は伝わっておらず、混乱はひとまず避けられた。ただ、警備が緩めば抗議活動が再び強まる恐れがある。

2017年の就任式ではホワイトハウスや連邦議会の周辺には人がごった返したが、今回は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン