/

この記事は会員限定です

岡山・新見の千屋牛

調理の工夫も柔らかに

[有料会員限定]

岡山県の高級和牛「千屋(ちや)牛」は県北西部の新見市で育つ。鳥取県境に近い千屋地区が名前の由来だが、全国ではあまり知られていない。市内の千屋牛外食店は約30軒。千屋牛振興会のホームページでは肉の販売店を掲載し、宅配対応の店もある。新型コロナウイルス禍で来店を敬遠する人も利用しやすい。

千屋牛を扱うJA晴れの国岡山畜産課(新見事務所)の植木博信副課長は「年間出荷は約800頭で、ほとんどが県内向け」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン