/

この記事は会員限定です

シニアのオンライン面接術

言葉での若さPRはNG

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、シニア人材の採用選考でもオンライン面接が増えている。対面での受け答えには慣れているものの、画面越しでのやりとりに戸惑うシニアも少なくない。一方、経験豊かで即戦力となる人材への企業による求人意欲はいまも強い。オンラインに合わせた工夫でアピールすれば活躍の場も広がりそうだ。

「面接官の表情が見えない」「適切な画面への映り方は?」。50歳以上の転職支援を手掛けるシニア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン