/

この記事は会員限定です

芥川賞、宇佐見りん氏 直木賞に西條奈加氏

[有料会員限定]

第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りん氏(21)の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)、直木賞は西條奈加氏(56)の「心淋(うらさび)し川」(集英社刊)にそれぞれ決まった。贈呈式は2月中旬に都内で開かれ、受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

宇佐見氏は静岡県生まれ。2019年に「かか」で文芸賞を受賞してデビュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン