/

この記事は会員限定です

IT企業に努力義務

トラブル対応、ネット取引巡る新法案

[有料会員限定]

アマゾンや楽天などインターネットで取引の場を提供する「プラットフォーマー」を、消費者保護の観点から規制する消費者庁の新法案について、トラブルがあった際の苦情に対する調査や、出品者と消費者との連絡手段確保などの体制整備を「企業の努力義務」とする方向で調整していることが20日、分かった。

昨年12月に自民党の消費者問題調査会で公表された骨子では、トラブル時の取り組みについて消費者への開示を義務化すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン