/

この記事は会員限定です

民意反映 再び改革を 元首相・細川護熙氏

小選挙区制の功罪 誤算の四半世紀

[有料会員限定]

小選挙区制の導入は政治をどう変えたのか。四半世紀前、政治改革4法成立で合意した当時の与野党トップに聞いた。(聞き手は坂口幸裕)

当時は「55年体制」の政治システムが冷戦終結で対立軸を失っていた。右肩上がりの経済は終焉(しゅうえん)し、果実の分配という政治の役割が薄らいだ。リクルート事件など政治腐敗への対処も強く求められていた。

その答えが政権交代可能な政治システムをつくる改革で、細川内閣はその歴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン