/

この記事は会員限定です

文大統領、康外相を交代

後任に鄭義溶氏を指名 米朝交渉再開へ期待

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、康京和(カン・ギョンファ)外相の後任に鄭義溶(チョン・ウィヨン)前国家安保室長を指名した。米韓同盟を重んじ訪朝経験もある鄭氏に、米朝交渉の再開に向けた調整を期待する。康外相は先月、発言を巡って北朝鮮から非難を受けていた。

鄭氏は国会の聴聞会を経て就任する。2017年の文政権発足から外交安保の司令塔である国家安保室長を3年余り務めた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン