/

この記事は会員限定です

液晶パネル高騰止まらず 12月大口5%高

部材不足で拍車

[有料会員限定]

テレビなどに使う液晶パネル価格の高騰に拍車がかかっている。指標品の2020年12月の大口取引価格は前月と比べて5%ほど高く、7カ月連続で上昇した。在宅生活が長引くなかテレビやパソコン向けの需要が伸びているところに、ここにきて部材不足が深刻になった。21年1~3月にかけても上昇基調が続く可能性がある。

テレビ向けの指標品となる32型のオープンセル(バックライトなどがつかない半製品)の20年12月の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン