/

この記事は会員限定です

名古屋のバレンタイン商戦 「予算1万円超」53%

「自分用」も5ポイント増え過半

[有料会員限定]

名古屋市内の百貨店でバレンタイン商戦が本格化している。JR名古屋高島屋の事前の調査によれば、今年の予算額を1万円超と答えた消費者の割合は53%と前年から7ポイント増えた。贈り先を自分用とする割合は51%で前年比5ポイント増。新型コロナウイルス禍で外出自粛が強まるなか、各社はオンライン販売や店舗内の感染防止策を強化して備える。

JR名古屋高島屋の前年の売上高は32億円と、11年連続日本一だった。例年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン