/

この記事は会員限定です

明治の洋館、令和も見守る

旧尾崎行雄邸、保存が決定 地元有志ら、活用法を検討

[有料会員限定]

長年衆院議員を務め、「憲政の神様」といわれた尾崎行雄ゆかりの洋館=写真=が保存されることが決まった。地元の有志で構成する保存団体が今後の活用法を検討している。

洋館は東京都世田谷区、小田急線豪徳寺駅近くの住宅地にある。建築時期には複数の説があるが1888(明治21)年ごろ、高級官僚が後に尾崎行雄の妻となる自らの娘のために東京・麻布に建てたとの見方が有力という。東京に現存する洋館としては最古級だ。尾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン