/

この記事は会員限定です

辻惟雄(20)曽我蕭白

奇怪で猛烈な絵に衝撃 「群仙図屏風」真筆と断定

[有料会員限定]

渡辺一(はじめ)さんは博識、有能で実行力があったという。東京帝国大学美術史学科を卒業して京城帝大の助手をした後、美術研究所に入られた。

創刊間もない研究所の機関誌「美術研究」の編集に携わる傍ら、矢代幸雄所長の下、「東洋美術総目録」の作成を目指し、その一環で室町時代中期に花開いた東山文化の象徴のひとつ「東山水墨画」の研究に打ち込まれた。同時に狩野正信、元信をはじめ狩野派の絵師を掘り下げて研究を進める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン