/

この記事は会員限定です

脱炭素へ「公正な移行」の視点を

[有料会員限定]

政府は2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにすると宣言した。蓄電池や水素の活用、二酸化炭素(CO2)の回収など次世代技術を日本企業はたくさん持ち、成長戦略になる――。一気に政府がカジをきってきたことで、まずは明るい題目が並ぶ。

ただ大きな経済・社会の変革には痛みが伴う。時代に取り残されがちな層へどう配慮するか。「公正な移行(ジャスト・トランジション)」。日本はこの議論がまだ欠けているのではないか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン