/

この記事は会員限定です

コロナ、賃金雇用改革促す 春季交渉

人材シェア・DX技能向上… 働き方と成長の両立議論

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大下での春季労使交渉(きょうのことば)が始まる。産業界のまとめ役である経団連は、賃上げは企業ごとの判断に委ねる。コロナはデジタル経済を加速させ、新しい働き方の普及も促す。雇用を守りつつ、「成長」の仕組みをつくる新たな労使の議論が求められている。

コロナが業績を直撃している外食や旅行業界などで雇用不安が高まっている。雇用を維持する手段として、休業を迫られる従業員を余力のある産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン