/

この記事は会員限定です

ロシアルーブル、上昇一服

米制裁観測など政治リスク再燃

[有料会員限定]

外国為替市場でロシアルーブルの上昇が一服している。ドイツと進めるガスパイプライン建設計画に対する米国の制裁観測や、反体制派指導者の逮捕による国際社会からの非難など政治リスクが再燃している。

日本時間19日朝、ルーブルは対ドルで1ドル=74ルーブル近辺に下落した。2020年12月中旬に一時72ルーブル台後半と4カ月半ぶりのルーブル高・ドル安水準を付けたが、その後は上値が重い。

ロイター通信は19日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン